Googleアナリティクスの機能はこの4つだけでOK【初心者用】

ブログ

Googleアナリティクスは無料アクセス解析ツールです

▪誰がどうやってサイトに来たか

▪どのページを見たか

▪どのくらい見ていたか


などの データを見ることができます


便利なのですが、初心者には不要なデータも多く専門用語だらけでわかりにくいのがデメリット

そこで、とりあえず「これだけ知っておけばOK」なところを 4つ まとめ ました


自分のサイトの 問題点を知りたい人は、この記事で解決できます


導入が まだの人は別記事で解説しています
データをためて おくだけでも メリット なので、早めに導入するのがオススメです

Googleアナリティクスが新しくなっていた

引用元:Googleアナリティクス

2020年10月から Google アナリティクスは 新しくなっています

違いを一言でいうと


新アナリティクス 『Google アナリティクス 4』
アプリとウェブサイトに対応

旧アナリティクス 『ユニバーサル アナリティクス』
ウェブサイトに対応


新しい方は アプリ と ウェブサイト 両方に 対応していて、詳細な分析ができます
(より詳細に知りたい人はGoogle公式


Googleは旧アナリティクスの開発を行っていません
そのため、この記事では新アナリティクスだけ解説していきます

これだけ知っておけばOK!新Googleアナリティクスができること

知っておくべきデータまとめ

1.エンゲージメント → ページとスクリーン
(どの記事が何回、何秒、見られているか?がわかる)

2.テクノロジー → 概要
(何から見られているか?スマホ・PC等がわかる)

3.分析 → 分析ハブ → 目標到達プロセスの分析
(記事を読んでどうしたのか?放棄率がわかる)

4.分析→ 分析ハブ → 経路の分析
(見た人の行動の流れがわかる)

Google公式の解説ページを元に、わかりやすさ重視でそれぞれ解説します

エンゲージメント → ページとスクリーン

▪ページタイトル
▪表示回数
▪平均エンゲージメント時間

自分の書いた記事が ちゃんと読まれたかを 知ることができます

平均エンゲージメント時間は ページの平均滞在時間のこと
無操作で30分放置されると接続が切れます(接続が切れるタイミング詳細

表示回数は 多い方が、平均エンゲージメント時間は 長い方が良いです

テクノロジー → 概要

▪デバイス カテゴリ 別

スマホ・タブレット・PCのどのデバイスから アクセスされたのかを 知ることができます

今はスマホからのアクセスが多い方が普通なので、私のようにPCからのアクセスが多い場合は、スマホから見づらいなど 問題があることがわかります

分析 → 分析ハブ → 目標到達プロセスの分析

▪ステップ
▪放棄率

ステップのオーガニック訪問者とは、検索エンジン経由者 のことです


放棄率は 旧アナリティクスでいう 離脱率のことです
記事を読み終わって、ブログ内を周回することもなく離れた人のこと


検索エンジン経由者と、それ以外(SNS経由者など)のバランスがいい方が良いです

放棄率は 基本的に低い方が良いのですが、Q&A記事などは問題が解決できたことと捉えることができるため 高い方が良いです

分析→ 分析ハブ → 経路の分析

▪始点、ステップ

イベント名をクリックすると ページタイトルに変更できます

ユーザーが 記事を経由して どう行動したのか わかります

リンクを貼って、別の記事に移動してほしい時など、行動を知りたいときに役立ちます

まとめ

1. エンゲージメント → ページとスクリーンGoogle公式の解説

記事がちゃんと読まれたか わかる
各ページの「表示回数・滞在時間」


2.テクノロジー → 概要Google公式の解説

何からアクセスされたのか わかる
アクセス者の「デバイス」


3.分析 → 分析ハブ → 目標到達プロセスの分析Google公式の解説

記事を読み終わって離れた人が わかる
アクセス者の「放棄率」


4.分析→ 分析ハブ → 経路の分析Google公式の解説

アクセス者が経由した行動がわかる
アクセス者の「行動の流れ」

1.記事の質・読者満足度を知るために見る

2.どのデバイスに最適化した記事を書けばいいか・モバイルページに不具合があるかを知るために見る

3.サイト内を周回させて滞在時間を増やしたい時などに見る

4.特定のページやリンクに誘導したいとき・アクセス者の行動を知りたいときに見る

Googleアナリティクスの導入方法はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました