【リベ大おすすめ】最初に入れるべきブログ必須プラグイン6つ

ブログ

リベ大の動画で紹介されていた、最初にインストールすべき「必須プラグイン6つ」を文字にまとめました

新しいブログを始めるときに毎回動画を見るのが面倒なので、パッとわかる自分用の記事です

自分用なので インストール方法はわかりやすく書いていますが、プラグイン機能の説明があまりありません
詳しく知りたい方はリベ大の動画を見てほしいです

参考にさせていただいた動画:リベ大 スキルアップ チャンネル

インストールプラグイン6つ

1.BackWPup

2.XML Sitemaps (旧 Google XML Sitemaps)

 Google Search Console の設定が必要

3.Invisible reCaptcha

 Google reCAPTCHAの設定が必要

4.SiteGuard WP Plugin(ログインできなくなる可能性有!
要確認
メタ情報の削除を推奨

5.WebSub/PubSubHubbub

 インストール&有効化だけ

6.WP Multibyte Patch

 インストール&有効化だけ

1.BackWPup

プログのバックアップを定期的に自動でしてくれる

検索キーワード:BackWPup

有効化

新規ジョブを追加

ジョブの設定

スケジューラーは毎週じゃなくても自由に決めてOK

バックアップデータの保存先【uploads/backwpup-ea4acd-backups/】

2.XML Sitemaps (旧 Google XML Sitemaps)

Googleにサイト構造を自動で知らせて、インデックス(検索結果に載る)スピードを速くする

検索するときは旧名で探さないと表示されない

検索キーワード:Google XML Sitemaps

サチコ=GoogleSearchConsole

右クリックすると簡単にコピーできる

GoogleSearchConsoleの導入がまだの人は設定方法の解説ページ

エラーになる場合があるが、放置してれば自動で取得して確認してくれる

プラグイン有効化から 送信までが 早すぎるせい?

参考画像

時間をおけば自動でやってくれる

3.Invisible reCaptcha

スパムと思われるアクセスを侵入前にブロックしてくれる

代表的なスパムは「迷惑メッセージ」や「迷惑メール」など

検索キーワード:Invisible reCaptcha

ここからGoogle reCAPTCHA

サイトの追加方法が書いてあります

初めての人は【はじめに】をクリック

矢印の部分をクリックしてコピーする

必ずインラインに変更する

全部にチェック

4.SiteGuard WP Plugin(要確認)

セキュリティ対策用

検索キーワード:SiteGuard WP Plugin

有効化でログインページURLが変更になります

ただしメタ情報を表示したままだと意味ないので、非表示にします

メタ情報の非表示

ログインページのURLを変更しても、メタ情報を表示していたら 誰でもログインページにアクセスできます

非表示方法

外観 > ウィジェット > サイドバースクロール追従 > メタ情報 → 削除

5.WebSub/PubSubHubbub

Googleによるインデックスを早くしてくれる

検索キーワード:WebSub/PubSubHubbub

6.WP Multibyte Patch

日本語で正しく動作させるために必要

検索キーワード:WP Multibyte Patch

次にやること

プラグインの導入が終わったら「お問い合わせ」や「プライバシーポリシー」のページを作成します

Googleのサービスがまだの人

Cocoon設定がまだの人

コメント

タイトルとURLをコピーしました