【本のまとめ】神時間術 樺沢紫苑先生

記事

著者紹介

実体験を元に『10年温めて』『2年も制作にかけた』 “渾身の時間術” です。
売れっ子作家で精神科医でもある樺沢先生は、大学生の頃から月20冊以上の読書を30年以上継続している実践者なのです。

樺沢先生ご自身の1年間の生産量

・年3冊の本を出版
・メルマガ、YouTube、Facebook、ブログを毎日更新
・精神科医のため月6回の病院診療
・月20冊以上の読書の上に書評を公開
・月2~3回のセミナー講演活動(いずれもオリジナルで新規の内容)

このスケジュールを約7年間も継続

神時間術実践者樺沢先生の1日の究極のスケジュール実践と脳科学から導き出された究極の1日の時間割

07:00起床→自己投資(脳のゴールデンタイム)
09:00集中時間
12:00ランチ(セロトニン)
13:00非集中時間(仮眠や場所替えをしてこまめにリセット)
16:00ラストスパート(ノルアドレナリン)
18:00運動(脳をリセット)
19:00自己投資(脳のゴールデンタイム2)
21:00リラックスタイム(オキシトシン)
23:00睡眠(メラトニン)

最も大切な自己投資とは

集中力が必要な仕事であったり、未来の生産性を上げるための、自分のメインスキルを磨く時間

寝る2時間前(寝る直前の2時間が人生を決める)

食べずにしっかりリラックスする時間を過ごす

脳の究極リフレッシュ法 ランキング5

第5位 楽しい事

映画を見たり、自分が好きなこと リラックスできるもの

第4位 太陽

日に当たる。日に当たることでセロトニンが出て幸福度が上がるのだそう

第3位 咀嚼

噛むと言うこと、食べて顎を動かすことで脳が活性化される

第2位 場所替え(移動)

場所を変えることで場所ニューロンが働き、気分転換になるのだそう

第1位 運動

激しすぎない適度な運動を60分ほどすることで 脳がものすごくリセットされる

神時間術的「絶対やめるべき事!6選」&「やるとよい事!11選」

絶対やめるべき事!6選

〇睡眠時間を6時間以下に削る
〇TVをリアルタイムで見る
〇寝る2時間前までの食事(成長ホルモンが分泌されなくなるため)
他に控えたほうがよい事:[飲酒、激しい運動、熱い風呂、視覚系娯楽(ゲームや映画)、光るものを見る(スマホ、PC、TV)、明るい場所で過ごす(特に蛍光灯はNG、会社やコンビニがダメ)]
〇自由時間に仕事(リフレッシュされないため集中力が戻らなくなる)
〇休憩時間の視覚処理(仮眠する・目をつぶる・音楽を聴くことがよい)
〇寝る直前につらい事や心配事

やるとよい事!11選

〇朝シャワー
〇集中力が落ちる時間帯の緩めの運動
〇土日に回復より毎日回復
〇まめな休憩(15分、30分、45分、90分。完全に疲れる前に)
〇スタートと終了間際の活用
〇締め切り厳守
〇2分以内の判断は即済ませる
〇30秒決断
〇遊びの to do リスト
〇寝る前にカーテンを開けて寝る
〇寝る直前に楽しいことをアウトプット(寝る直前の2時間が人生を決める)

参考動画

究極のまとめ【神・時間術】樺沢紫苑 著

コメント

タイトルとURLをコピーしました