定型文のように登録して、何度も使えるブロック「再利用ブロック」

再利用ブロックとは

定型文のように何度も使えるブロックです。後から編集・変更すると、その編集した再利用ブロックが全て更新されます。(通常のブロックに変更することで、該当の記事だけ編集する事も可能です)

再利用ブロックの作成

早速作っていこうと思います。
左上の「投稿」の「新規追加」をクリックします。
ブロックを追加(わからない人は、「タイトルを追加」に何か入力し、エンターキーを何回か押して)し、追加されたブロックを選択します。
何か文章を入力します(文章以外もできます)。今回は「段落ブロックに定型文にしたい文などを書いて下さい」と入力しました。
ブロックを選択すると、ツールバーが出てくるので、一番右ので囲んだところをクリックします。で囲んだ「再利用ブロックに追加」をクリックします。

名前を入力する所が出てきますので、入力します。今回は「再利用ブロックにつけたい名前を入力」と入力します。
最後に「保存」をクリックします。

再利用ブロックの使用方法

保存した「再利用ブロック」を使用する方法を書きます。
まず、ブロックを追加して下さい。追加したブロックをカーソルすると、左側にで囲んだ+が出るので、クリックします。で囲んだ「再利用可能」をクリックします。

先ほど作成した(で囲んであるところ)、再利用可能ボックスが出てくるので、クリックします。
ちなみに編集(変更)する時は、赤の下線した「すべての再利用ブロックを管理」をクリックします。

できました。

再利用ブロックの編集

再利用ブロックは、カーソルを合わせるだけでは内容を編集できません。
その編集方法には2通りあります。

再利用ブロックを、一括で編集・反映

1つ目は、該当の再利用ブロックを、一括で編集・反映させる方法です。
編集したい再利用ブロックを選択し、右上の編集をクリックします。

選択することで、名前と本文を編集できます。最後に保存をクリックして下さい。
最初は名前が選択されていますが、本文をクリックすると編集できるようになります。

前述していた「すべての再利用ブロックを管理」からの方法です。
ブロックの+をクリックして、ツールのシークを一番下まで下げます。
「再利用可能」をクリックして、表示された「すべての再利用ブロックを管理」をクリックします。


あとは編集したいブロックを選んで下さい。

最後に更新をクリックして下さい。

作成中の投稿のみ変更する方法

2つ目は、該当の再利用ブロックを、通常ブロックへ変換した後に編集する方法です。
この方法は、他の投稿へ影響しませんが、後から再利用ブロックを編集しても更新されません。
あくまで通常ブロックになります。
メニューバーの上をクリックすると、「通常のブロックへ変換」が出てくるので、そこをクリックする。

以上が再利用ブロックについての方法です。
削除をする際も一括で反映されてしまうので、注意しましょう。
文章以外での活用方法を考えている『Capital P』さんのページ。

WordPressの達人が教える 本気でカッコよくする WordPressで人気ブログを購入しました。
1728円

支出合計:58,333円

コメント

タイトルとURLをコピーしました